スポンサーリンク
松本人志文春砲

松本人志への女衒役はたむけんパンブー黒瀬「恒例のたむけんタイム」文春砲

※記事内に広告が含まれています
mtmt-2 松本人志文春砲
スポンサーリンク

2023年12月23日に、過去の性行為強要問題が文春砲で報じられたダウンタウン松本人志さん。年末年始も話題は大きくなり、吉本が文春を訴えるとも。そして1月8日夜には芸能活動休止が発表されました。

1月9日の文春電子版では、他の女性達からの新たな証言とともにスピードワゴンの小沢一敬さんに代わる女衒芸人が暴露されています。

山岡家蓋ペロ動画犯人は誰「Fくんは春から札幌で床屋さん?」

能登半島地震 自販機強盗はデマ「胸糞記事はPV目的か」穴水避難所

松本人志の不倫がエグい「女性と15分×3本勝負」文春砲

スポンサーリンク

松本人志への女衒役はたむけんパンブー黒瀬「被害者は9人以上?」

1月8日の文春オンラインで報じられたのは、スピードワゴンの小沢一敬さんに代わる女衒芸人との飲み会の存在。まず1人目は、2009年のM-1王者であるパンクブーブーの黒瀬純さんでした。

松本人志さんと黒瀬純さんが福岡の町を観光する番組「福岡人志、」。福岡放送での不定期番組です。2016年6月に収録が行われた際、福岡市在住のCさんは黒瀬さんや後輩芸人との飲み会があるからと友人に誘われ参加することとなりました。

「VIPが来る」ということは事前に聞いていたものの、そのVIPが松本人志さんだということを知ったのは飲み会当日。遅い時間になり呼び出されたのは高級ホテル「グランドハイアット福岡」のグランドエグゼクティブスイートキングルーム(1泊約20万円)で、VIPが松本さんだとは知らないていで入ってくるように指示されたのだとか。

mtmt-2

スポンサーリンク
「松本さんは私たちのような素人に『わー!』と驚かれるのが好きなのだそう。部屋に入ると、松本さんはTシャツにジーパン姿で『おう、入り』と。テーブルには缶チューハイや葡萄などが置いてありましたが、松本さんたちは酔っ払っていなかった」(Cさん)
文春オンラインより

男性陣が場を盛り上げ12時を過ぎたころ「松本さん、そろそろ決めましょう!」と声を上げたのは黒瀬純さん。そしてCさんに「松本さんが2人きりになりたいって言ってるんだけど、どうかな?」と提案してきたそうです。

Cさんは後戻りできない雰囲気を察し、2人きりになることを了承。すると他の人達は部屋を出て行ったそう。そして寝室でバスローブに着替えた松本さんは「ちょっとエッチな気分になってきたんやけど……」とCさんに迫ってきたそうです。

「キスをされ、抱き寄せられ、最後は性行為をしてきました。30分ほどの行為の後は、別々にシャワーを浴びて、リビングで5分ほど談笑しました。(松本は)黒瀬さんに連絡を入れたのか、彼らも部屋に戻ってきた。それから間もなく、黒瀬さんはチャックの付いた小さなポーチから『タクシー代』と言って、5000円を差し出してきました。それを受け取ると、松本さんたちは『じゃあバイバイ』と。それを聞いたとき『松本さんって、いつもこんなことしてるんだ』と、心底虚しくなりました」(Cさん)
文春オンラインより
Cさんが被害に遭う前「福岡人志、」の初回2015年11月の収録時にもパンクブーブー黒瀬純さんによる女性アテンドがあったことを、地元の会社経営者が証言しています。
「あの日、うちで働いている複数の女性が黒瀬さんに呼ばれ、松本さんが泊まっていたスイートルームに行きました。その際、彼女たちは黒瀬さんの後輩芸人から『松ちゃんに選ばれたら性の接待があるよ』と伝えられていた。厳戒態勢で『携帯電話の電源を切れ』とか『携帯は持ち込むな』と言われたそう。最終的に松本さんは大勢の女性の中から1人の子を選び、肉体関係を結んでいた」
文春オンラインより
番組は不定期ながらも人気で、現在まで9回の放送がありました。その数だけ女衒芸人によるアテンドがあり、被害に遭ったという女性が存在するのかも知れません。
スポンサーリンク

松本人志への女衒役はたむけんパンブー黒瀬「恒例のたむけんタイム」

「たむけん」ことたむらけんじさんも松本人志さん専属の女衒芸人の1人として名前が出ています。
2019年10月、大阪在住のDさんが友人のツテで飲み会のお誘いを受けました。吉本所属の「クロスバー直撃」の渡邊センスと合流するや否や「超VIPだから、今日の飲み会のことは誰にも言わんといてな」と注意を受けたのだそう。
この日の会場はザ・リッツ・カールトン大阪。またしても最高級ランクのホテルのエグゼクティブスイートでした。部屋に向かう途中で携帯はあまり触らないように、SNSは絶対NGとくぎを刺されたそうです。
mtmt-2
部屋に入ると玄関にたむらけんじの姿が。その奥に松本人志さんと放送作家Xが待っていました。そして2時間ほど和やかな飲み会が続いた後、「たむけんタイム、入りま~す!」と場の流れが変わったそうです。
たむらけんじさんは女性陣を個別に呼び出し「今日、誰が良かった?今から誰と2人で飲みたい?松本さんはどう?」と繰り返し聞いていたそうです。Dさんは察し「みんなで飲みたい」とツーショットを拒んだ。
「やっぱり最後はこういう目的のために呼ばれたんだ、と思いました。結局、私の友達が松本さんと部屋に残り、私を含めた他の全員が部屋を出ることになりました。別れ際、たむらさんから『はい、これ』と3000円のタクシー代だけ渡され、帰らされました」(Dさん)
文春オンラインより
そして最後にたむらけんじさんに「今日のことは、絶対言わんといてな」と忠告を受けたのだとか。
Dさん

Dさん

スポンサーリンク
同じく大阪在住のEさんは、2015年に渡邊センスさんの発信で飲み会に参加。会場も芸人側参加者もDさんの時と同じ、「恒例のたむけんタイム」も同じ流れだったようです。しかしEさんは意志が強く、松本さんと2人で過ごすたむけんさんの提案を断固拒否。
「私は『いつもこんなことやってんのか』と心底呆れました。私はXを連れて部屋を出て『あんたら、こんなことばっかやってんの?』と聞いたところ、彼は『あー……』と。その後、タクシー代を渡されて帰りましたが、結局、その日は友人が松本さんに献上され、エッチをしたと本人から聞きました」(Eさん)
文春オンラインより
mtmt2

Eさん

別の飲み会に参加したことにある女性は以下のように証言しています。
「アテンドする人によって、ゲームは変わります。例えば、アンケート形式で『気に入った人はいますか?』『2位、3位まで書いてください』というもの。当然、松本さんが1位になる仕組みですが、あるとき、1人の女の子が後輩芸人を1位、松本さんを3位と発表。それに対して、松本さんは『ちょっと待て! 俺こんな全部金払てるのに。こいつに負けてるとこなんか1ミリもないわ!』とブチ切れして帰ってしまい、残された女の子が号泣したことがありました」
文春オンラインより
これらの報道を見てガッカリしたという声もあれば、また「証言」だけで「証拠」がないというコメントも見受けられました。松本人志さんは活動休止して裁判に臨むと話しており、年単位の活動休止の可能性も浮上しています。今後の芸能界にも大きな影響が出ることは否めないかも知れませんね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
えりんぎをフォローする
BOOM NEWS

コメント

タイトルとURLをコピーしました