スポンサーリンク
宝塚歌劇団

桜木みなと文春にリークしてトップ確約?宝塚110周年は目立ちたい

文春にて先日の宝塚歌劇団記者会見がいかに陳腐なものだったかが報じられました。さらにこのドタバタの裏では5人の上級生が動いていたことも明らかに。そのうちの1人が宙組2番手とも言われる桜木みなとさん。この桜木みなとさんの行動について賛否両論が…
宝塚歌劇団

宝塚文春第6弾がサイコパス「隠ぺいのためならすぐお金払います」

留まることを知らない宝塚歌劇団内の壮絶ないじめ・パワハラに関する文春砲。第6弾が公開されました。 劇団内のパワハラ被害はタカラジェンヌだけではなかった。入団1年目の演出家も、先輩演出家によるパワハラが原因で志半ばで退団していました。
宝塚歌劇団

宝塚いじめ自殺まとめ「あまりにも残酷な閉鎖的女の城」文春

9月30日、宝塚大劇場が見えるマンションの18階から1人の女性が飛び降り、命を絶ちました。有愛きいさん(25)、現役の宙組タカラジェンヌです。 宝塚歌劇団の残酷ないじめ・パワハラの実情と劇団の隠ぺい体質について、一連の文春の報道内容をまとめます。
スポンサーリンク
宝塚歌劇団

宝塚いじめ第5弾「劇団に不信感のトップスター退団か」文春

有愛きいさんが亡くなってから1ヶ月余り。依然として不誠実な対応を続ける宝塚歌劇団には、現役タカラジェンヌからもファンからも不信感の声が止まりません。文春第5弾では、劇団内の状況や雪組トップスターが直訴したこと、パワハラグループLINEについて報道されました。
宝塚歌劇団

宝塚内部説明会の音声内容がひどい「とにかく早く終わらせたい」文春

現役タカラジェンヌ有愛きいさんの飛び降り自殺事件と、劇団の隠ぺい体質が団員やファンの不安や不満を搔き立てている宝塚歌劇団。 事件後1週間が経ってから開かれた説明会では、ロボットのような木場理事長の話や、どこか他人事のようなベテラン組長の意見。有愛さんの同期は涙を流しながら訴えます。
宝塚歌劇団

宝塚106期飛び降りA子は誰「男役トップスター候補だった」文春

現役タカラジェンヌの飛び降り自殺で波紋を広げている宝塚歌劇団。10/19の週刊文春では、5年前にも宝塚音楽学校で飛び降り事件が起こっていたことが報じられました。飛び降りをしたA子さんは106期生、パワハラをしたとされる指導担当のB子さんは105期の生徒。いったい誰なのでしょうか。
宝塚歌劇団

宝塚飛び降りは2人目の真相「”ドーナツ”はパワハラの暗号」文春砲

宙組の現役タカラジェンヌ有愛きいさんの死去から約半月、宝塚歌劇団の裏側が見えてきています。18日の週刊文春電子版では新たに、宝塚での飛び降り事件は5年前にもあり、完全に隠蔽されていたということが分かりました。
宝塚歌劇団

宝塚いじめで有名OGも失神の過去「陰湿な嫌がらせは悪しき伝統」

25歳の現役タカラジェンヌ有愛きいさんの飛び降り自殺で、公演中止や無期限休演者が続出している宝塚歌劇団。 宝塚というと、宝塚音楽学校へのお受験が大変で、上下関係がとても厳しく大変だというイメージ。過去のイジメ問題やお受験に関する噂話をまとめます。
スポンサーリンク